スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肌が潤う♪注目の保湿成分をご紹介☆潤い保湿成分を取り入れて年齢肌に立ち向かいましょう!

スキンケアの基本は保湿ですσ(゚ー゚*)・:*+

保湿には角質層の潤いが重要ですよね。
保湿成分がたっぷり入った化粧水で
角質層を潤し乾燥からお肌を守りましょう!

   しずく

肌を潤わせる注目の保湿成分をご紹介します☆


・セラミド
 
 角質層は平たい角質細胞が重なっていますが、
 その細胞と細胞の間にあるのが「セラミド」です。
 セラミドには細胞同士をつなぎ、水分の蒸発や
 細菌の侵入を防ぐ作用があるのです。
 潤った肌にはセラミドがたっぷりあり、
 角質層の潤いを保っているんです。
 セラミドが無くなると・・・
 ひどい乾燥肌になってしまいます(ll゚д゚ll)
 汗や皮脂が少なくなる冬や、加齢に伴いセラミドが
 減ってしますので、乾燥肌になってしますのですね。
 こんな場合には、セラミドを補うと効果的です。
 セラミド入りのスキンケアを使うなら、十分な量が
 入ったスキンケアを使うことをお勧めします。
 ちなみに、こんにゃくにはセラミドが豊富に含まれて
 いるんですって☆


・ヒアルロン酸
 わずか1グラムで水6リットルの保水力を持つといわれる
 驚きの保湿成分です!ヒアルロン酸が十分にあれば
 肌に弾力が生まれ、しっとりした肌状態を保つことが
 できます。しかし、残念なことにヒアルロン酸は
 加齢によって減少します。
 大人の皮膚に含まれるヒアルロン酸は、赤ちゃんの
 20分の1なんですって!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
 ヒアルロン酸を補うことで、肌のハリと弾力を
 保つことができます。
 乾燥で保水力が低下した肌にも効果的です。



・アミノ酸
 肌本来がもっている潤い成分の主成分(NMF)
 が「アミノ酸」です。
 アミノ酸を補うことで、肌に潤いを保ち
 肌を保護します。ターンオーバーや
 コラーゲンの合成を促進したり、
 肌のバリア機能を回復してくれるのです。゚+.(・∀・)゚+.゚



・リピジュア
 吸湿性や保湿性に優れた成分で、ヒアルロン酸の
 約2倍の保湿力があるそうです!
 肌の細胞間脂質と同じような構造でできているので
 肌にとてもよくなじみます。
 持続性が高く、水で洗っても保湿性がずっと
 維持できるのだとかヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚
 さらに肌あれを抑制する効果もあるんです。
 様々な人工臓器に用いられているほど
 安全性が高い成分なのです☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。