スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うっかり日焼けにご用心!ちょっとの油断がシミ・そばかすの原因になることも!!

日に日に日差しが強くなってきましたね。
テレビ番組”スッキリ!”でも特集していました…

         紫 外 線
日差し


5月は一年のうちで、もっとも紫外線が
強いといわれているそうです!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

日傘で対応しているから大丈夫・・・
と思っていましたが、紫外線は地面に
反射するんですって!
さらに、曇りの日だからって安心しては
いけません。日差しが強くなくても
しっかり紫外線は降り注いでいるのです。


※ 注意すべき ”うっかり日焼け” ※


朝カーテンを開けたとき・・ガラスだって通り抜けます
曇りの日・・曇ってても降り注ぐ
洗濯の出し入れ・・短時間だっておかまいなし
日陰に入る・・地面に反射します
長袖(白色やニット)・・防げません

紫外線って恐ろしいですねw(°0°)w

日頃からの紫外線対策で
肌老化を防ぐことが大切ですが、
もっとも効果的なのは
「日焼け止め」
をしっかり塗ることです。



日焼け止めには
「SPF」と「PA」
がありますね。

「SPF」は肌が赤くなる状態が起こるまでの
時間を引き延ばす力の値です。
数値が高いほど、長い時間日焼け止め効果が
期待できるということですね。
しかし実際には、SPF30以上の製品の
効果には、あまり違いがないようです。

「PA」は、真皮まで到達して肌が黒くなる
原因を防ぐ値です。
PA+   :効果がある
PA++   :効果がかなりある
PA+++  :効果が非常にある
の三段階に分かれていましたが、今年から
PA++++  :効果が極めて高い
が増えました。

しかし、SPFやPAの高い日焼け止めは
紫外線に対する効果が大きいですが
肌への負担も大きいようです。
目的に応じて日焼け止めの種類を変えるのも
大切ですね。

また、効果の高い日焼け止めでも、
汗や摩擦で日焼け止めが落ちてしまうことがあるので、
こまめに塗りなおすことが必要です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。