スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化粧品と医薬部外品の違い、ご存知ですか?(?ω?*)?今後のスキンケア選びの参考になるかもしれませんよ!

化粧品と医薬部外品の違いって
ご存知ですか??

はてな


お客様から問い合わせがよくあります。

「医薬品」と記載があるだけで
なんだか効果があるような気がしますよね~。


それでは、化粧品と医薬部外品について
それぞれご説明いたします。

簡単にまとめてみますので、
お付き合いください。


○化粧品とは・・・
薬事法では、「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、
容貌を変え、皮膚または毛髪をすこやかに保つために、
身体を摩擦、散布、そのほかこれに類似することが
目的とされるもので人体に対する作用の緩和なもの」
と定められています。
化粧品は健康な肌に直接使用するもので、
医薬品に比べ、人体に対しより作用が緩和なもの。

○医薬部外品とは・・・
特定の使用目的を有し、しかも人体に対する作用が緩和なもので
薬事法または厚生大臣が医薬部外品として指定したもの。
一般に薬用化粧品と呼ばれるのは、医薬部外品と
商品に記載された化粧品の事をいいます。
医薬部外品は、肌荒れ防止、ニキビ防止、日焼けによる
シミやそばかすの防止など、特定の目的に対し
効果・効能を認められた有効成分が一定濃度含まれていると
承認された製品。


簡単に言えば、

化粧品 ⇒ 身体を綺麗にするもの。     
      なので「効果・効能」の記載がないもの


医薬部外品 ⇒ 化粧品と医薬品の中間に位置し、
        化粧品より効果が明確で肌トラブルを
        予防するもの。
        なので「効果・効能」が期待できるもの
              

ということになります。

ドクターアロエの通信販売で取扱いの

『オーデクリームS』

 オーデ①

医薬部外品でございます。

なので、肌荒れを防ぎます!

といえるのです~☆


商品を選ぶ際に参考にしてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。